あなたの夢の教室を作り上げましょう

  • 相互の交流

    投票をしたり、ディスカッションを白熱させたり、質問の答えを集めたり。全てのデータがスクリーン上に現れるので、全ての生徒が集中しながら、授業をすすめることが出来ます。

  • コンテンツを作成する

    UMU独自の編集ツールを使い、集中できるコンテンツをほんの10分で作成可能です。

  • 宿題を課す

    コンテンツを受講生個人やクラス全体に割り当てましょう。UMUが自動的に宿題をリマインドします。

  • 出席を取る

    UMUで出席をより速く簡単に取りましょう。GPS機能を使えば、ゴマカシも防止できます。

  • 試験

    採点を自動化し、時間制限を設定し、すぐに結果を見てみましょう。受講生が教室を出る前に、知識のギャップを知ることができます。

  • 反転授業を行う

    授業前に、講義や課題を生徒に送って事前に実施させましょう。教室の時間では、練習、ディスカッションを行うことで、より効果的な学びにつなげます。

  • 親も夢中にさせる

    10分間のマイクロセッションを親向けに簡単に作ることができ、子どもたちと共に復習することができます。家での学びも効果的になります。

  • 動画講義

    今ある動画をアップロードしたり、新しく録画した動画を直接UMUに載せましょう。広告も、時間制限もなく、生徒が気が散ることは何もありません。

  • 双方向生放送

    UMUを使って生徒や親に向けてメッセージを放送しましょう。見る側はアプリやプラグインは必要ありません。

利用した先生の声

UMUの革新的な学習モデルは、従来の教室での教育モデルを破り、「先生が一方的に生徒に伝える」受動的な学習を、「生徒が発信する」能動的な学習(反転授業)に変えています。
このモデルは、学生が主体的に学習することを可能にし、私たち指導者の「指導の質」と「効果」を大幅に向上させます。



授業の前後には、マイクロレッスンで知識のポイントを説明することができますし、生徒が学習を終えた時にタイムリーにフィードバックしてくれます。
教室では、UMUのインタラクティブな機能により、学生の学習意欲を高め、学生が自由に発言できるようにしています。 UMUラーニングプラットフォームで、学ぶことが楽しくなりました。


生徒の保護者の声

先生が授業でUMUを使うようになってから、子どもが先生のリクエストに応じて、自ら予習や課題をするようになりました。 学校から帰ってきたら、子どもが作成した課題をみることができるので、知識の習得度を確認し、弱点を補うことができます。以前のようにやみくもに子供に読み書きや暗記を求める必要はありません。



子どもが作成した課題が、クラスメイトに褒められ、先生にも褒められた時には、今まで見たことのない自信に満ちた笑顔で自慢げに帰ってきて、それを私と共有してくれました。 親として、子どもの成長を見ていると、とても嬉しくて嬉しくて仕方がありません。 UMUの学習プラットフォームがあれば、もっともっと簡単に勉強ができるようになり、良い成績が取れるようになると信じています。

私たちの教育者活動に参加してUMUを無料で使用する

どのように始めるの?

まずは無料登録
UMUで新しい「教える・学ぶ」体験を作りましょう。